応募電話のかけ方

応募電話のかけ方

求人応募の際は、電話が第一印象となります。
緊張して上手に話せない、かける時間帯がわからないなど、
電話に対する不安や悩みはたくさんあると思います。
けれど「電話応募のマナー4ヵ条」をバッチリ押さえれば万事解決!
良い対応をして、第一印象をとびきりいいものにしちゃいましょう♪

1.事前準備はしっかりと

1.事前準備はしっかりと

電話をする前にしっかりと準備できているか確認しよう。準備するものとしては
・応募先の求人要項が書いてあるもの ・メモ用紙
・筆記用具 ・カレンダーや手帳など日付が確認できるもの
が上げられます。また、電話をかける前に求人情報を見てわからないことや面接について知りたい情報などを事前に聞きたい事をメモしておくと、聞き忘れ等を防ぐ事ができます。

【ポイント!】備えあれば憂いなし!しっかり準備して不安や緊張を吹き飛ばしましょう!

2.電話をかける前に状況確認!

2.電話をかける前に状況確認!

電話をかける前に時間の確認。受付時間が書かれていたら、その時間内にかけましょう。
書かれていない場合も、先方が忙しい時間帯は避けるなどの配慮が必要です。
一般的にはフード業界は、ランチタイムやディナータイムはNG。
一般企業は10:00~11:00、14:00~17:00の間が良いとされます。(企業によって異なります。)
また、周りの環境にも気をつけましょう。特に携帯電話から電話する場合、電波状況の悪い場所でないか、雑音が入る場所でないかを確認した上で電話しましょう。

【ポイント!】かける前のちょっとした気配りが、好印象を与えます。

3.まずは自分の名前、次に用件をはっきり伝えよう!

3.まずは自分の名前、次に用件をはっきり伝えよう!

電話では、まず自分の名前をはっきり伝えましょう。声の大きさは少し大きいかな?と感じるくらいで大丈夫です。
次に「求人に応募したい」という用件を自分から、簡潔に伝えること。
応募の際のやりとりは、下の模範例を参考にはっきり丁寧にこたえるように心がけましょう。
「緊張してうまく話せそうにない…」という方は、話す内容を事前にメモしておきましょう。
注意点はうつむかないこと。声が出しにくくなりますよ。

【ポイント!】内容を整理して話すと、自然と落ち着いた対応ができるようになります。

それでは実践!応募電話での模範例

それでは実践!応募電話での模範例

【担当者】
お電話ありがとうございます、
「株式会社□△」でございます。

【あなた】
イーアルパを見てお電話した「○○」と申します。
採用担当様はいらっしゃいますか。

【担当者】
私が採用担当です。

【あなた】
求人広告を見てお電話しております。
まだ営業は募集されてますか?

【担当者】
はい、まだ募集中です。

【あなた】
ぜひ応募したいと思い、お電話いたしました。

【担当者】
ご応募ありがとうございます。それでは面接をしたいと思います。
6月6日の16時からはご都合いかがでしょうか。

【あなた】
ありがとうございます。6月6日水曜日16時からですね。

【担当者】
はい、その日時に当店で面接を行います。よろしくお願いします。

【あなた】
持っていくものは、何かございますか。

【担当者】
写真貼付されている履歴書と筆記用具を持参ください。

【あなた】
履歴書と筆記用具ですね。

【担当者】
はい。

【あなた】
承知いたしました。それではお忙しい中ありがとうございました。私、「○○」と申します。よろしくお願い致します。

【担当者】
はい。

【あなた】
それでは、失礼いたします。

【担当者】
はい、失礼します。

ポイント!

第一声が元気でハキハキしていれば好感度は上昇!名前と誰宛(今回なら採用担当者宛)にかけているか、はっきりと伝えましょう。採用担当者名は事前に求人広告を見て確認してきましょう。

質問がある場合は、この場面で「こちらの求人についていくつか質問したいことがあるのですが今、お時間よろしいでしょうか?」と聞きましょう!了解を得たら、予め用意していた質問をしましょう。

面接の日時はきちんと復唱!カレンダーを見て、曜日も一緒に確認できればさらによいでしょう。

面接時の持ち物確認が自分からできれば大丈夫。オープン前店舗など面接場所が不明な場合は、場所も確認するようにしましょう!

先方が相づちをしてから次の言葉を話しましょう。電話を切るのは、先方が切ってからが原則。切るのが遅いなら、こちらから切ってOK。ガチャとならないよう、ゆっくりと受話器を置いて切りましょう。

直近の適職フェア

公式アカウント